協力士業一覧

協力士業一覧

こだたま行政書士事務所では、法令の制限上、行政書士だけでは完結しないような幅広いお悩みや問題についても、他士業や他業界の法人、個人事業主との広いネットワークを使って対応します。
それぞれ先方のサイトへ直接リンクされています。相談先がお分かりの場合はお客様が直接お問い合わせいただくことも可能です。

ガーディアン法律事務所
東京都国分寺、八王子に拠点を構える法務のプロ集団

司法書士法人プレッジ
不動産及び法人の登記に細やかに対応する司法書士事務所

米野税理士事務所
企業財務を得意とする若き税理士

地引労務管理事務所
冷静に労務問題を解決するスペシャリスト

ルミエール司法書士事務所
簡裁代理権を持ち、登記だけでなく交通事故や債権回収にも対応可能。

相談先を判断する例

念のため、各士業のごく一般的な業務内容を記載しますので、相談先を判断する目安としていただければ幸いです。

弁護士

既に争いが生じている、または争いが見込まれる相続、離婚問題(これら家族に関わるものを以下「家事事件」と呼びます)、債権回収や近隣トラブル(これら人同士の争い、調整事を以下「民事事件」と呼びます)の他、事業で必要な契約書の作成や事業買収・統合(M&A)など、法律に関することを幅広く取り扱うことができます。

特に家事事件や民事事件は当事者を「代理」して相手方と交渉することができる唯一の資格といっても良いでしょう。(但し、債権回収などで回収したい金額が140万円以下の場合は一部の司法書士も扱うことができる場合があります)

法律に精通していることと、法的な紛争を代理人として経験していることが多いため、紛争を未然に防ぐ「予防法務」として働きも期待できます。

司法書士

不動産や会社の登記に関しては司法書士の独壇場です。

登記の申請に関しては一応「ひな形・記載例」なるものが法務局から公開されているものの、登記をするに至った理由やそのために必要な手続きは多種多様であり、その都度微妙な記載方法や提出する書類が異なってくることから日々登記申請の実務に精通していない限りその手続きは困難を極めます。

例えば遺産に不動産が含まれる場合の相続登記で必要となる「遺言」や「遺産分割協議書」については作成方法を誤ると登記が受け付けられないなどの不都合が生じる場合があります。
そういった事情から登記が必要なときは司法書士に依頼されることが一般的でありかつ安全です。会社の設立なども登記を必要としますので、司法書士に相談することが良いでしょう。

その他一部「簡裁代理権」が「有」となっている司法書士については一部の民事事件などを扱うことができますのでその分野で活躍する司法書士も多いようです。

社会保険労務士

略して「社労士」と呼ばれます。

社労士は社会保険や労務に関するスペシャリストです。
社会保険の加入手続きや社員の給与を改定した際、社員が入れ替わる際など度々必要となる社会保険改定手続きを一手に引き受けてくれます。

また就業規則の策定や届出など労働基準監督署に関する手続きも代行してくれます。

一部、介護施設の指定(いわゆる許可のようなものです)や派遣業の許可申請など行政書士では扱えない許認可を取り扱えることはあまり知られていないかもしれませんが、「介護保険」や「職業」に関する法律に基づく事業を考えている方は相談してみてはいかがでしょうか。

税理士

税理士はその名称から随分イメージが付きやすいかと思います。

もちろん、税金に関するスペシャリストです。
決算業務、確定申告はもちろん、日々安全に経理処理をするためのアドバイスもしてくれます。

事業が大きくなって、決算業務だけではなく日々の会計記帳も全て代行してもらっている方も多いことでしょう。

もちろん、相続税や贈与税、不動産等を売買した時の取得税、譲渡所得税など、それぞれの事務所に得意分野はありそうですが基本的に税金のことは税理士に相談してみてください。

 

PAGE TOP